「RSI」で為替相場を読む

バイナリーオプションでは、主に通貨を銘柄にしているために、投資の予測を立てるためには、為替レートの変動を読み解いていくことが必要になってきます。

こうしたレートの動きを読むためには「テクニカル分析」と呼ばれるものを利用するのが一般的であり、たくさんの数があるこのテクニカル分析の中でも、バイナリーオプションの予測に適しているものの一つとされているのが「RIS(アールアイエス)」になります。

RSIとは「Relative Strength Index(相対力指数)」を略したものになります。
このRSIを用いることにより、現在の為替相場において、価格が上がる力や下がる力に対して、それがどれだけの強さがあるのかを見ることが出来るようになります。
簡単に言うと、その相場で通貨が「買われ過ぎているのか」もしくは「売られ過ぎているのか」を知ることができ、それにより為替レートが反転する転換期に近くなっているのか、それともこのまま流れて進んでいくのか、ということが判断できるようになります。

この、買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのか、というものをRSIでは数値で表し、実際には折れ線グラフで表示することもあります。
数値は100%から0%の範囲があり、真ん中である50%を中心として、100%に近い程に買われているということを示しており、およそ70%よりも上がった場合には「買われ過ぎている相場である」と見られ、これが逆に0%に近くなればなるほど売られている傾向を示していて、およそ30%よりも下がった場合には「売られ過ぎている相場である」と判断されるのです。

こうした事を利用して、買われ過ぎている相場であれば売られていく方向に、つまり為替レートは下降方向に動くことが予想され、売られ過ぎている相場であれば買われていく方向、上昇方向に動くことが予想されるのです。

このようにRSIを使うことで、為替レートの変動を予測することが出来るために、バイナリーオプションの予想には非常に効果的だということになるのです。

© 2014 FXKaigaiOption.com