FX取引で安全な環境を整える

FX取引を行うにあたっては、様々なリスクについて考えなくてはなりませんが、その一つに取引業者が公正で健全な経営をしているか、というものがあります。
投資家がFXの取引きを行うためには、資金や証拠金を預けなくてはいけませんが、取引業者の信頼性を見極めていかなくては、万が一の場合にその資金をすべて失うことになり、これは、投資取引そのもので失敗して損失を被ったというような事よりも、もっと根底的で致命的なリスクとなりえるからです。

こうした事を防ぐためにも、FX業者を選ぶ際には顧客である投資家の資産をしっかりと管理できているのかどうかを確認し、安全な取引環境を整える必要があります。

国内の取引業者には、2009年より金融庁の通達で、顧客の資金に対して信託保全をすることが義務付けられています。
信託保全とは、取引業者の資金と顧客の資金とを分別して管理をし、顧客の資金は信託銀行などの金融機関に預け、受益者代理人と呼ばれる第三者がこれをチェックすることを言います。
これにより、万が一取引業者が倒産などをした場合でも、預けてある資金が戻ってくることになります。
また、信託保全のなかにも部分的な保全のみをしている業者もありますので、外貨の利益や金利差であるスワップポイントの利益をも含む全額信託保全をしている取引業者を選んでおく事をお勧めします。

海外の取引業者を選ぶ場合には、当然この日本国内のルールは適用されませんので、業者の顧客資金の管理方法を確認する必要があります。
ずさんな管理方法をしている業者もありますが、中には日本の管理よりもはるかに厳しいルールで管理を行い、それを信頼の証しとしている所もありますので、ウェブページなどで確認をしておくとよいでしょう。

また、FXでは取引をする通貨によっても安全度が変わってきます。
例えば、米ドルとユーロ、米ドルと円、ユーロと円といった通貨は、通貨の流通量や取引量も多く、発行している国や地域の状況も比較的に安定しているため、リスクの低い通貨ペアと知られています。
例えば、スワップポイントを求めて長期的に通貨を保持する場合でも、こうした通貨を選ぶと、安定して利益を積み上げることができます。

このようにして、同じFX取引を行うにしても、環境の選び方一つでそのリスクを軽減させることができます。
為替レートを予測し、利益を大きくすることを狙うのももちろんですが、こうした安全に取引できる環境を整えることも考えてみるのがいいでしょう。

© 2014 FXKaigaiOption.com